• 外間 喜代美

ビーツのシチュー


最近わりとよく"ビーツ"を見かける様になりました。 受講生の方から「土臭さがかなりあって・・」というお話が出ていたので、試しに今回結構多めにビーツを使って作ってみました。 土臭さを消すポイントは3つでしょうか。 1つは多種類の食材を入れる事。 2つ目は香りの強い野菜を入れる事。セロリ、にんにくがポイントになります。 3つ目は”イカ”を使う事かな。 それでは早速いきましょう~ 「ビーツのシチュー」 材料:鶏肉、イカ、豚ひき肉、ビーツ、人参、タマネギ、ピーマン、セロリ、ジャガイモ、キノコ類、豆類、にんにく、固形スープの素、片栗粉 *お好きな野菜をどっさり入れて下さい!量は適当に! *キノコ類、豆類は何でも可。豆類は生の豆か缶詰などを利用すると手軽で良いと思います。 今回私は生のウズラ豆を使いました。 作り方: 塊のお肉を使う場合は、適当な大きさに切り、水から茹でてアクを取る。 野菜は硬い順に投入し、強火~中火で全部で40分くらい煮る。 野菜と一緒にイカやひき肉・ブイヨンも入れ、肉、野菜が柔らかくなったら、水溶き片栗粉でとろみを付けて完成。 味付けは固形スープの素だけですが、色んな食材がいい味出してくれて美味しいですよ! *ビーツは皮付きのまま丸ごと茹でると書かれているサイトが多いですが、シチューにするなら普通に皮を剥いて一口大に切り、お肉を入れた鍋が沸騰してきたら、ビーツを投入して良いでしょう。 真っ赤な色が鮮やかですが、煮ているうちにほどよいトマトソースの様な色になってきます。 北海道大学の研究によるとビーツの色素であるベタニンは極めて強い抗酸化能があり、かつ血中に速やかに移行出来る性質の為、優れた疲労回復剤としての機能があるそうです。



0回の閲覧

Copyright(C)2016BMS Harmony All Rights Reserved.