• 外間 喜代美

小豆サポニン


今日は「小豆サポニン」の話を。 大豆サポニンは知っているという方が多いと思いますが、サポニンは小豆にも含まれています。 抗酸化作用が強く、体内の油脂の酸化を抑制するので、コレステロールの抑制に繋がります。 豆は総体的にどの豆でもマグネシウムや亜鉛が多く、VEの含有率も高く、食物繊維も豊富です。 プラス、大豆と小豆はサポニンという植物栄養物質が含まれているとても優秀な食材。 大豆は苦手という人も小豆や金時豆のぜんざいなら食べられるのではないでしょうか? ぜんざいにしたら糖分を摂ってしまうから意味ないのでは?と思いますよね? 正解です!笑 しかし、砂糖を使わず、オリゴ糖を使えば問題解決です! しかも、通常煮豆はある程度柔らかくなるまで炊いた後砂糖を加えてさらにしばらく煮て甘みをしみ込ませる必要がありますが、オリゴ糖なら柔らかく炊いた後、火を止めてから加えて混ぜるだけです。簡単便利!甘みも十分! おやつもこんなものなら全く問題なく食べられるので、というかむしろ積極的に豆は摂るべきなので、是非手作りおやつとして取り入れて頂きたいと思います。 ということで、本日は「小豆のぜんざい」 材料:小豆、オリゴ糖適宜、塩少々 作り方: 1 小豆は12時間くらい浸水しておく 2 浸水したらざるにあけ、さっと洗う 3 鍋に多めの水を入れ、2を入れて強火にかける 4 沸騰してきたら差し水(びっくり水)をし、弱火にして1時間ほど煮る 5 豆が柔らかくなったら火を止め、塩を少々入れ混ぜる。 6 オリゴ糖をお好みの甘さになるまで混ぜながら加えて出来上がり。 注:オリゴ糖を選ぶ時は、裏面の表示を良く見てお買い求めください。   オリゴ糖と異性化糖が混ざっているものは避けてください。   オリゴ糖シロップと書かれているものも怪しいです。   イソマルオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、てん菜オリゴ糖という表示のものが良いでしょう。 ◯オリゴ糖は体内で吸収されない糖です。しかも、腸内細菌の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなるので、腸内環境が整います。豆に加えることで、食物繊維との相乗効果となりさらに環境が良くなります~! 実は私は甘いものが好きです。だから結構ぜんざいはよく作ります。でも、糖分をオリゴ糖にするだけで、全く問題無くなるので食べ放題です笑 亜鉛もしっかり摂れるし、いいことづくめのおやつなのでオススメです☆




Copyright(C)2016BMS Harmony All Rights Reserved.