• 外間 喜代美

彩り野菜と魚介のフルーティー風味


アボガドはサラダやペーストにして食べる事が多いかと思いますが、まだ硬い物を買ってしまった時困りますよね? そのまま置いていても冬場は中々熟れて来ないです。そんな時は炒め物にしましょう~ と言う事で、「彩り野菜と魚介のフルーティー風味」をご紹介します 材料: エビ、ホタテ、あさり等の魚介類もしくは鶏ひき肉や白身魚の切り身でもOK アボガド、ピーマン、完熟トマト(プチトマトでもOK) レモン、グレープルーツ、塩、コショウ、ココナッツオイルまたはオリーブオイル 作り方: ・魚介類は酒をふりかけてしばらく置き、水で流しておく ・アボガド、ピーマンは細切りにしておく ・トマトは一口大に切る ・レモン、グレープフルーツは果汁を絞っておく (1:1ぐらいの割合ですがお好みでどうぞ。量は野菜の分量によりますが、レモン、グレープフルーツ各大さじ1ずつくらい) 1 フライパンにオイルを引き、アボガド、ピーマンを投入し強火でさっと炒める 2 魚介類を1に投入しさっと炒める 3 トマトを投入しさっと炒める 4 3にレモン、グレープフルーツの果汁を回し入れる 5 塩、コショウで味を整えて出来上がり。 1~5までで約5~6分です。さっと炒めるだけの簡単料理ですが、硬いアボガドが柔らかくなるし、トマトも甘みが増すので、果汁の酸味と相まってフルーティーな美味しさになります。 アボガドは植物にしては珍しく油脂分の多い食材ですが、飽和脂肪酸とオメガ9のオレイン酸の割合が多いので加熱しても比較的酸化しにくいです。ですが、リノール酸も含まれているので、加熱はごく短時間で仕上げましょう。 レモン、グレープフルーツともにビタミンCが多く含まれていますが、このレシピでは風味付けとして使っています。とてもフルーティーで炒め物にも良く合うので、余分な調味料が要らないです。 ですが、VC源としては別で摂ってくださいね! トマトのリコピンは加熱によりさらに増大する事が分かっていますし、ピーマンやトマトのβ-カロテンはオイルによって吸収率が上がりますので、炒め物はかなり効率の良い食べ方となります!使用する油脂をココナッツオイルまたはオリーブオイルにする事によって油脂の酸化を最小限に防げます。



0回の閲覧

Copyright(C)2016BMS Harmony All Rights Reserved.