• 外間 喜代美

鮭とトマトのワイン蒸し


トマトの季節が来ましたね!

完熟トマトが安価で売られていると嬉しくなります〜♪

今日は(今日も笑)超簡単お手軽、美味しい、健康的なレシピをお届けします!

私はあまり手間暇かけた料理は作らないタイプでして(笑)、基本簡単、ヘルシー、できれば美味しい(笑)を心がけております。

どちらかというと栄養重視になりがちなので、美味しさが二の次になるケースも多いのですが(笑)、調理はできるだけ栄養素を損なわない方法が良いと思いますし、せっかくの食材を調理法で不健康にするのは残念でなりません。

揚げ物、焼き物なども勿論しますが、蒸し物、煮物の方がやはり頻度は高いです。

それで気づいたら造語が出来てしまいました!その名も「オーケー料理」(笑)

お手軽の「お」、美味しいの「お」、健康的の「け」で「おおけ」→「オーケー」(OK)

皆さんもお気づきの事と思いますが、私の紹介するレシピは高価な物は使っていません。そして、ほとんどが10分くらいで出来る時短レシピです。

お手軽というのには簡単というだけでなく、安いという手軽さも含まれています。

まあ、生鮮食料品しか使わないので、材料を洗う、切るという手間はどうしてもかかりますが、そこは外せません。そこを面倒臭がると「そのまま使えるカット野菜」みたいな物に走ることになり、健康からはかけ離れて行きますからね。ここは手間は惜しみません。

さて、そんなわけで「外間さんちのオーケー料理」なる物をそのうちAmazon Kindleにアップしようかな〜(笑)

余談はさておき、今日は極めて簡単、オーケー料理の極みと言っても過言ではありません。

「鮭とトマトのワイン蒸し」のご紹介です。

材料:

鮭切り身、トマト、しめじ、ワイン少々、塩・こしょう適宜

作り方:

1 蒸し器に水を張り、火にかけておく

2 鮭の切り身はさっと水で洗っておく(骨は取り除く)

3 トマトは適当な大きさに切る。

4 しめじはバラしておく

5 蒸し器に湯気が立って来たら、クッキングシートの上に鮭、しめじ、トマトを乗せ、クッキングシートごと蒸し器に入れ、ワインを適当にふりかける。

6 10分ほど蒸したら取り出し、器に盛って出来上がり。

ワインは白ワインの方が色が綺麗に仕上がります。料理酒でも可。

アルコール分は蒸したら飛んでしまうので、(魚の臭み取りの為)お子様でもお召し上がり頂けます。

*鮭は塩蔵タイプがほとんどだと思いますので、敢えて塩・胡椒は先に振りません。

味を見て足りなければ各自でかけてください。

あまりに簡単ですが、素材そのものの旨みでとても美味しい一品です。

さらに玉ねぎやアスパラなども足して彩りよく創作して頂けると良いと思います。


これまた余談ですが、過日とあるホテルのディナーを頂く機会がありました。

多分1人17,000円くらいのコースだったと思います。

この最後に出て来たデザートがマンゴーの飴細工がけという品でした。

マンゴーをじっくりと鉄板で焼き、その上に飴で作った網模様のキラキラした装飾が乗せられて、見た目には綺麗でしたが、私には残念としか言いようの無い代物に見えました。

マンゴーは生で食べる方がはるかに栄養素の残存率は良いですから、高価な果物をざわざわこんな風にしなくても・・という思いが拭えません。しかも、飴細工とか本当に要らないです。

高いお金を出してこんな台無しな物を食べる食文化という物に疑問の念を禁じえません。

しかも、ご馳走してくださった方は糖尿病専門医でもあり・・

言ってみれば糖尿病患者さんからの収益でこの代物を高額を出して食べるという・・・

この人個人を批判しているわけでは無いですが、この世の歪みを目の当たりにしたような衝撃的な食事会と思えました。

価値観の違いと言ってしまえばそれまでですが、私に言わせれば愚の骨頂「おかしくないですか?」と言いたくなる出来事でした。

生活習慣病は無くならないな・・とも痛切に感じた次第です。


0回の閲覧

Copyright(C)2016BMS Harmony All Rights Reserved.